Aカップ痩せ型女子におすすめのバストアップクリーム

Aカップ痩せ型女子におすすめのバストアップクリーム

痩せ型の細い体型、いわゆるスレンダーな女性に胸の小さい人が多いと思いませんか?

この理由ははっきりしているんです。

こちらではそんな痩せ型レディーにおすすめのバストアップ方法についてご紹介したいと思います。

ボリュームがあってふっくらと柔らかい、大きすぎず小さすぎずの形の良いバストは女性の憧れですよね。

男性目線で見ると、バストはある程度大きい方が良いという方が圧倒的に多いというデータも出ています。

男性の中にも「ちっぱい(小さなバスト)」じゃなきゃダメ!という方もおられますが、割合的にはさほど多くはないようです。

いわゆる貧乳にコンプレックスをお持ちなら一日も早くバストアップにチャレンジしてみられてはいかがでしょう?

ラ・シュシュ

公式サイトへ

痩せ型女子が貧乳なワケ

脂肪が少ない

バストは90%が脂肪で出来ており残りの10パーセントは乳腺です。

バストって文字通り脂肪の塊なんですね。

痩せ型の女性にペチャパイさんが多いというのもうなづけますね。

今流行りの「モグラ女子」(モデル出身の痩せ型女性がグラビアアイドル界に進出してる女性)も、そのほとんどがグラビアに進出する前に一度太って胸も一旦大きくし、その後バストが痩せない独特のダイエットをして「スレンダー巨乳」として売り出してるという話も聞きます。

モグラ女子の中には、あれ?今まで痩せてたのに?突然巨乳に?!・・という方も居ますが、上記のパターンでナチュラルなナイスボディを作った人もあれば、豊胸手術をしてグラビア界に殴り込み、という人もあるようです。

それにしても元々痩せていて手足も長くて細かったモデルさんが、胸だけ豊かになってタレント活動するわけですから人気が出て当然ですね。

元々脂肪がつきにくいという体質

食べてもどうしても太れない・・だから胸も大きくならない・・・。

そんなペチャパイ女子には2つの理由があります。

  • 体に栄養素が吸収されていない
  • 基礎代謝が元々高いのでカロリーが消費されてしまう

上記の2つのうち、特に気をつけるべきは「栄養がきちんと吸収されない」こと。

これを食生活の改善で変えていく環境づくりが大切です。

「良質なタンパク質の摂取」
「暴飲暴食を避ける」
「胃腸の環境を整える」

以上の食生活の改善は、体にほどよい脂肪をつけるためにとても大切です。

栄養不足

ペチャパイの要因として栄養不足もその理由の一つです。

絶食などの過度なダイエットをしたり、同じ食材ばかりを摂ってしまう偏食なども栄養が偏ってしまう原因となり、バストアップに支障が出てしまいます。

また、元々小食な人は体力の維持に必要なカロリーが足りていないケースがほとんどです。

これらのことに気をつけて食生活の見直しをはかってみましょう。

ストレスの溜めすぎ

人間が生きていく上ではある程度のストレスは必要とされています。

ストレスの全く無い生活は、単調な感情と凡庸な体調の元になりますので、実は健康に良いとはいえません。

しかし、過度なストレスはどうでしょう。

女性に関して言えば、ホルモンバランスの乱れを生じてしまいますので、育乳に必要な女性ホルモンのバランスも崩れてしまいます。

痩せ型レディーの貧乳の原因となってしまうでしょう。

具体的には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が妨げられてしまうため、女性的な体づくりには過度のストレスは大敵といえます。

バストが大きくなるためのメカニズム

脂肪の増加

適切な脂肪を体につけることで、柔らかく弾力のあるバストづくりにつながります。

特に乳房の脂肪細胞を増加させることでバストアップが可能になります。

当サイトでおすすめしているバストアップクリームは、乳房のみに脂肪細胞増加効果を与えることができますので、特におすすめできる製品です。

適切な脂肪は、食生活の改善、バストアップマッサージ、大胸筋の強化などでバスト周りにつけることができます。

ある程度の脂肪をつけることで、痩せ型で女性っぽくない体型からも卒業できますよね。

男性にも、痩せすぎの女性よりやや肉付きの良い女性が好まれるようです。

太ることは決してわるいことではありませんよ。

乳腺の発達

せっかく太ったのに胸に脂肪がつかず、見た目はペチャパイのまま・・なんて人もいるかもしれません。

考えられるのは乳腺が発達していない、ということだと思われます。

乳腺の発達は、ホルモンの適度な分泌が深く関係し

ています。 ホルモンの分泌が少ないと乳腺が発達しないことが多々あります。

女性ホルモンの分泌も重要ですが、成長ホルモンを分泌させることがとても大切です。

痩せ型レディーがバストアップするためには

痩せ型女子がバストアップするためにおすすめの方法をご紹介しますね。

脂肪の増加を促す

まずは体の脂肪を増やして痩せ型から卒業することです。

とはいえ、バスト以外の部分には余計な脂肪をつけるのは抵抗がありますよね。

ではどうすれば良いのでしょうか。

付けたところの脂肪だけを増加させるボルフィリン?

痩せ型レディーのみなさん、ボルフィリンという栄養成分をご存じですか?

体の部分の、付けたところ・塗ったところだけ脂肪を増やしてくれるという嬉しい成分がボルフィリンです。

ボルフィリンとは、美容先進国フランスの美容業界で実績豊富な「セダーマ社」がその効能を発見した植物性の栄養成分です。

ユリ科のハナスゲの根に含まれる「サルサザポゲニン」という原料の中から肌の弾力性を産み、脂肪増加作用が認められた信頼性の高い成分。

セダーマ社の長年の研究と実験からその効能が認められており、サルサザポゲニンの効果はDNA配列で解明されており、セダーマ社による臨床実験のデータからも確かな作用があることがわかっています。

このボルフィリンをバストに塗り込むことで、直接バストの脂肪細胞に働きかけ、脂肪を増加させ、ボリュームアップをはかることが出来るというわけです。

さらに嬉しいことにボルフィリンの特徴として「ボルフィリンでついた脂肪は痩せにくい」という点があります。

また、ボルフィリンの配合されたバストアップアイテムとマッサージを併行することで、バストの脂肪以外の残り10パーセントの乳腺を刺激し、女性ホルモンの活性化を促すという相乗効果が期待できます。

当サイトでおすすめしているバストアップクリームの主成分はボルフィリン。

ボルフィリンは、スレンダーな体型を維持しながらバストだけボリュームアップしたいという女性に最適です。

規則正しい生活リズムを

バストアップに欠かせないのがやはり女性ホルモンの分泌ですね。

女性ホルモンの働きにより、女性らしい丸みを帯びた体つきが作られたり、バストをボリュームアップしてくれるのです。

女性ホルモンのホルモンバランスが乱れることは、ホルモンバランスの乱れを生み、バストケアにわるい影響を与えてしまいます。

特に成長ホルモンを含む女性ホルモンの分泌が最も盛んに行われる時間帯が、夜の10時から朝の4時まで頃といわれています。

当然その時間には女性は眠っていなければホルモンは適切に分泌されません。

できるだけ規則正しい生活を送り、このゴールデンタイムに睡眠時間を確保できるよう気をつけましょう。

就寝中に分泌される成長ホルモンと、ラクトゲン受容体が作用することにより乳腺が発達しバストアップにつながるとされています。

成長ホルモンは成長期を過ぎた大人の女性でも分泌されますし、ラクトゲン受容体も個人差はありますが、大人になっても分泌されることがわかっています。

しっかり睡眠時間を確保し、規則正しい生活を送ることで適切なホルモンバランスの調整を目指しましょう。

睡眠不足と、先ほど述べたストレスの溜めすぎは、ホルモンバランスの乱れを呼ぶ原因です。

生活の中でこれらを改善できるよう頑張ってみましょう。

痩せ型レディーからスレンダーグラマーな女性へ♡

いわゆるペチャパイだからといってバストアップを諦めてしまっていたあなた、あきらめてしまうにはまだ早いかもしれませんよ。

成長期が終わって大人(30代、40代)の時期を過ぎてもバストを大きくキレイにするチャンスはあります。

貧相な痩せ型ボディーを卒業し、あなたに合ったバストアップ方法を見つけて、理想的なスリムグラマーを手に入れてみませんか?

ラ・シュシュ

公式サイトへ

ページの先頭へ